↑県外引越し50%OFFも↑

県外への引っ越し費用はそう高くない!複数社に見積もり取りました?

これから県外へ引っ越しをされる方に県外への引っ越しを経験した管理人がその経験で感じたことをまとめています!!

 

進学、就職、転勤での県外引越しが決まったら早めに引越し予約をしておきましょう!!

 

ちなみに、県外への引っ越し費用は県外だからといって、ドーンと高くなるというわけではありません。
必ず複数社の見積もりを競合させれば、大幅に安くできます。

 

<⇒ ここ「引越し侍の比較サービス」でチェックすればわかりますが・・・

 

都道府県別の引越し費用相場情報についてはコチラ

 

引っ越しの基本は「距離」+「荷物の量」+「人間の作業の手間」+「オプション」という計算があります。当然、長距離で引っ越しの荷物が多く、場所柄、人件費も多くなるなら引っ越し費用は高くなりますが、普通の引っ越しなら県外でもあまり高くなることはありません。

 

私も結婚で県外への引っ越し(宮崎から鹿児島)をしたことがありますが、荷物が少ない場合は、そこまで高くなかったです。一人暮らしの30代だったので荷物はそこそこ多かったんですが12万くらいという感じでした。(ベッド、大型家具などがあったので、トラックが二台になってしまいました。。。)実際は20万くらいの見積もり費用でしたが、他社との比較で12万くらいになりました。

 

東京都内、大阪、名古屋、福岡などの大都市圏絡みの引っ越しは、やはり手間がかかるため想定より高額になるかもしれませんが、大体の相場感をしっておくことと、引っ越しは他社との競合が当たり前ということをしっておけば安く安心しておまかせできると思います。

 

↓ココでお住まい近くの引っ越し業者さんを探せます!

 

最低でも3社くらいは見積もりを比較してみてください。
大事な点は安心できる引っ越しと料金をどちらも納得いくように交渉することです。

 


>> 最大で50%OFF!引越し侍公式サイト

 

↑全国の引っ越し作業をしてくれる業者さんが登録している業者さん探しの無料見積もり請求依頼サービスです!!

 

↑上記の引越し侍サービス以外にも、ラジオやテレビで人気の引越し比較サイトが「LIFULL引越し見積もり」という引越しのネット予約サービスです。
見積もりの値段と相場を一覧で比較でき、そのまま引越しの依頼も可能です。また、見積もり依頼もできます。
価格的に納得がいけば、早めの予約が安心ですので、そのまま引っ越し予約をしてしまう方も多いです。

 


>> 最大で50%OFF!LIFULL引越し見積もり公式サイト

 

↑コチラの比較サイトでは軽運送業者さんの料金も比較できますので、小さい引越し、荷物が少ない引越しの方もオススメです。

 

 

 

県外への引っ越しですから、安いだけの引っ越し業者よりも、できるだけ荷物を安全に運んでもらえて、料金もオトクな業者さんを選ぶよう、早めに見積もりの算出、予約等をすることをオススメします。荷物の箱入れ箱出し、エアコンの取り外し等々のオプションも各社で違うため、比較検討は早めにしておくことがよいですよ。

 

※大安、吉日等の人気日取りの場合も費用アップすると考えておくとよいです。

 

一人暮らし、単身赴任の相場概算

近距離・同一市内
一人暮し、単身赴任などの単身パック等のサービスを利用した場合
3万円~5万円前後

 

中近距離・同一県内
一人暮し、単身赴任などの単身パック等のサービスを利用した場合
3万円~8万円前後

 

県外・遠距離引越し
一人暮し、単身赴任などの単身パック等のサービスを利用した場合
5万円~15万円前後
飛行機等を利用しない、急ぎの引越し、日時の指定をしない、荷物をできるだけ少なくする等で安くできます。

 

家族(大人2人、子供2人)の相場概算

近距離・同一市内
5万円~15万円前後

 

近距離・同一県内
引越し先が同一県内、船・飛行機を利用しない場合(一般的な荷物量での引越し)
8万円~18万円前後

 

県外・遠距離引越し
15万円~30万円前後
家族4人、引越し先が県外で2日引越しに必要な場合の平均相場目安。
長距離、船、飛行機を利用する場合、寒冷地対応は割高。隣接県外で近距離の場合は10万円以下の場合も。

 

引っ越し費用の相場はあくまでも「相場」です。
荷物の量や引越し先、引っ越し費用元の建物の条件、梱包や箱入れ、箱出しの作業軽減などで見積もり価格はまだまだ安くできます。

 

引越し料金を下げる条件は「引越し会社との交渉」「複数の引越し会社での競合」です!

 

ネットを利用した引越し見積もり一括請求サービス(無料)を使えば、タダでたったの1分程度で複数の引越し業者に見積もり査定依頼ができます!大手会社を2~3社程度おさえて見積もり依頼をすることで概算を把握できますのでとっても便利です♪

 

 

当サイトの更新情報

  • 2019/01/18(金) お知らせ引越しの吉日、良い日は?
    引越しによい吉日、縁起の良い日は「大安」「一粒万倍日」「天赦日」がよいといわれています。大安と一粒万倍日は月に数回巡ってきますが、天赦日は年に数回しかない吉日とされています。せっかくの引越しです。...
- Powered by PHP工房 -

県外引っ越し、長距離引っ越しは丸投げがラク・・・

正直、県をまたぐ引っ越し、長距離の引っ越しはとっても疲れます。
心身の疲労が大きいです。

 

何故かと言うと、各種手続き、申請類が異常に増えていくからですね。。。

住民票、転校届け、電気ガス水道の新規契約と口座設定、自動車の陸運局への届け出、保険証の書き換えなどなど、県外引っ越しはやることが盛り沢山です。しかもこの状態で小さい赤ちゃん、子供さんがいらっしゃれば・・・。もうかなりの負担です。。

 

ですので、引っ越しの際はできるだけ箱入れ、箱出しのオプションも加えておくと、引っ越し後の疲労感は少ないです。

 

私も経験したのですが、長距離の引っ越しとはいえ、やはり荷物は多くなりがちです。
特に家族でとなると荷物の量はすごくなります。

 

箱入れ、箱出しまでして、片付けをする上に役所等への各種手続きも訪問していかなければならない方の心身の疲労はすごいですです。
ですので、できれば引っ越し後の疲労も考えて、オプションで箱入れ箱出しを安く丁寧にしてくれる引っ越し業者さんを選んでおくとよいですよ!

一般的な引っ越し費用の計算方法をご紹介

一般的な引っ越し費用の計算方法をご紹介します。

 

計算は↓の情報が埋まっていくとだいたいの概算がでます。

 

「荷物の量(容積)」

 

「移動の距離」

 

「スタッフ人員」

 

「オプション」

 

に加えて、季節、日時的な要因、営業マンの考え方で変わってきます。おおよその総額はコチラで紹介されています。
参考になると思いますので、是非御覧ください。

 

 

引っ越し料金、費用の基本料金は実はある程度の決まりがあります。コチラで参照できます。ざっくりいうと、国土交通省の決まりがありますので、最低ラインの引っ越し料金は基本料金となります。

 

 

国土交通省の引越し料金のしくみのページ
http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/hikosi/ryoukin.html
※2016年1月参照

 

 

 

そこに・・・

 

家具や家電、その他諸々の荷物の容積、重さを計算して、どのようなトラックが必要か?
(1トン、2トン、3トン、4トン、ユニック車などが何台必要か?)

 

移動距離はどのくらいか?

 

引っ越し先、引っ越し元はマンションやアパートの場合でエレベータが使えるのか?

 

総勢、スタッフは何人必要か?

 

エアコンの取り付け取り外し、電源関連の養生、車の陸送、アンテナの取付、荷物の梱包、荷解き、荷物の再配置などのオプションの希望は?

 

引っ越し予定日のトラック、人員の配置は?

 

を想定して、季節や日時の忙しを加味して引っ越し料金の見積もりは営業マンが計算をしていきます。当然、その場での値引き、競合他社の値引きとの競合もしてくれます。

 

では、私達はどのような計算をすればよいのか?

 

引っ越しを依頼する私達はどのような概算を見積もっておけばよいのかというと・・・家の中の引っ越し荷物はどのくらいになるだろうか?をざっくり考えてみましょう。

 

1トン、2トン、3トン、4トン、ユニック車などが何台必要か?

普通の一人暮らしなら1トン~2トン車、普通の4人家族なら3~4トン車が一般的です。
大型家具、家電の容積の計算は各社細かく違いますが、積む荷物の大きさで結局は計算されます。

 

移動距離は?

荷物を積むトラックの基本料金に100キロ以上の場合は距離に応じて追加料金が加わります。市内、県内の場合はある程度、移動距離で高額な計算にはならないはずです。
長距離、近距離、同一地方内、同一都道府県内、同一市区郡内で依頼すると引っ越し業者さんも見積もりをしやすいようです。

 

スタッフの人件費

大手引っ越し会社さんの一人当たりの見積もりはだいたい1万5千円~程度です。一人暮らしで荷物が少ない場合は一人のスタッフで完了する場合も多いです。
引っ越し先、新居がマンションでエレベーターがない、複雑な入口になっている、トラックの駐車スペースがない、大型の荷物が多いなどの場合はスタッフさんが多く必要になります。

 

オプション

各社単価が違いますが、一般的にオプションとして使うのが
エアコンの取付、取り外し、引取りでのエアコンクリーニング、洗濯機の電源取り付け、テレビアンテナの取り外し取り付け(戸建ての場合)、カーテンの取り付け取り外し、荷物の箱入れ、箱出し、再配置などです。
これらはやはり単価を上げますが、自分の引っ越し労力を減らしてくれるので、余裕があれば利用したいところです。

 

では、実際に引っ越し費用を安くするには?

 

安くするプラン

一人暮らしの方に多いですが、トラックに複数の方の荷物を同時に乗せて、次々に引っ越しを済ませていく相乗り的なプランもあります。また、吉日でない日(仏滅など)、時間に余裕がある時、午前中の朝一、夕方、夜の作業などの場合も安くしてくれるプランがあります。

 

費用を節約する方法

引っ越し費用はやはり高額になります。できるだけ安くなるように心がけると良いです。

 

最低でも3社程度に見積もりを依頼する。

当然のことながら、引越し業者の見積もりは初期は高いですので、しっかりと競合させましょう。一社で簡単に決めちゃうと損をします。
会社の経費なら一社で安全で人気が高い会社でも良いと思います。

 

引っ越し費用から余計なものを省く

不要な荷物、わからない荷物はリサイクルで売る、廃棄する、断舎離する
クレジットカード提携の引越し会社を選んでポイントを貯める
できる範囲の作業はできるだけ行う
家具、家電は最新のものが省エネ、節約になるなら引っ越し先で買い替える

 

↑このことを覚えておくと、引っ越し費用はかなり安く抑えられます。